犬山城が工事期間に入ったぞ!工期予定は9月30日まで!

広告

予てから犬山城の保全工事が行われるとアナウンスが有りましたが、いよいよ8月1日から工事が始まります。保全工事に伴う入場規制もされることになり、外壁の補修も同時に行うとのことなので、現地取材を基に入場規制の内容や工事内容をまとめてみました。

広告

4階の入場規制は約50年ぶり!気になる工事内容は?

犬山城の保全工事は当初、3階部分の屋内の耐震工事と屋外の壁の補修だったと聞きます。しかし、今年の春先に放送されたお城ランキング番組を観た視聴者から「屋根瓦がずれてる」との指摘を受け、犬山市に連絡が入りました。
放送後、番組を観ていた複数の視聴者から同様の指摘があり、犬山市の教育委員会は文化庁と協議。急遽屋根の瓦の補修も今回の工事に加わりました。

視聴者からの指摘とはいえ、古い建物には変わりないので今回の判断は適切ですね。また、偶然とはいえドローンで撮った映像がきっかけで文化財の補修箇所を点検できたことになります。今後、お城や文化財の咳嗽点検にドローンが活躍する機会が増えそうですね。

こうして犬山城は8月1日から9月30日までの2ヶ月間、天守の屋根工事と耐震工事が行われます。これに伴い、3階と4階は立入禁止になります。廻縁が人気の犬山城、2ヶ月間ですが我慢ですね。

ちょこっとお得?工事期間中の入場料は?

工事期間中で犬山城最大の見せ場である廻縁が体験できなくなっています。工事中なので城の外側には足場も組まれ、安全のためネットで囲われてしまいます。

夜の犬山城ライトアップ

木曽川側からは足場が確認できるが覆われてはないようだ。

しかし、悪いことばかりではありません。工事期間中の2ヶ月間、なんと犬山城の入場料(大人一人550円/子供100円)が無料になります。
日本のお城で最も古いとされる地下1階の梁は触れられるし、2階の資料展示は見て回れるのでちょこっとお得かもしれません。

また、外観に足場が組まれて見えなくなるのは実に54年ぶり。その様は滅多に見ることができないので改修工事中のお城を収めるのもいいかもしれませんね。

工事している犬山城もなかなかレアな景観だ!

8月1日から始まった犬山城の改修工事。今回は中も外も工事に入るとのことなので、工事中の記録として犬山城を訪れてみるのも面白い。

先にも述べたが、犬山城が2ヶ月間も安全シートに覆われることは今後50年ないでしょう。令和のはじめになかなかレアな姿を見せてくれる犬山城にあなたも行ってみませんか?

タイトルとURLをコピーしました