【犬山国際観光センター】犬山で多国籍文化に触れてみる第22回フロイデ祭り

スポンサーリンク

f:id:haro33takoshi:20171208205603j:plain

 

時代の変化とともに海外からの移住者が増えて久しい日本。犬山市も例に漏れず、外国人の居住者、観光客共に増加の傾向にあります。

 

犬山市には市内の国際化の流れを受けて「国際観光センター(通称フロイデ)」があり、多くの市民や海外観光客で賑わう施設があるのです。

 

今回は毎年年末に開催される「フロイデ祭り」をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 犬山国際観光センターとは?

 

f:id:haro33takoshi:20171208211253j:plain

 

犬山国際観光センター・フロイデは名鉄犬山駅東口から徒歩10分程のところにある公共施設です。

 

館内にはフィットネスクラブや温水プール、和食レストランがあり、特に温水プールは近隣の市町村から足を運ぶ人もいるほど人気のある施設です。

 

また、犬山市はここを国際観光センターと位置づけて、異文化交流の拠点として活用されています。

 

22回の回数を重ねたフロイデ祭りが開催されるぞ!

 

「来て、見て、体験、国際交流しよう」と今年は12月10日に開催されます。回を重ねること22回、毎年沢山の市民や観光客、犬山市に住む外国人、近隣の市町村に住む外国人の方も沢山参加されます。

 

異文化共生とか多様性とかは抜きにして、この日は人種に関係なく楽しめる一日。手軽に海外の文化を触れられるいい機会にもなりますよ!

 

ニッポン代表はやはり着物だ!

 

f:id:haro33takoshi:20171208213846j:plain

 

日本を代表する文化といえばやはり着物文化でしょう。

 

今年もフロイデ祭りで「清華堂」の中島師範が出展されます。

 

 

www.inuyamasannpo.site

 

中島師範から今回のフロイデ祭りに向けての意気込みを頂いていますのでご紹介します。

 

 

フロイデまつりに参加するようになり3年目を迎える今年は、きものの自装(自分で着ること)や、帯結びの自装も盛り込んで、盛り沢山の内容にさせて頂きました。

 

着物は、2000年もの間培われた、日本古来の服装です。

 

きものの素晴らしさ、着物から生まれる礼節。心のあり方。それは、日本人の持つ大和魂の現れじゃないかと思うのです。

 

 

日本に古くから伝わる着物(着るもの)。その心に触れられるそんなステージにしたいと願っています。

 

 

【ステージショー】
11時35分〜11時50分

 

ステージショーの予定は一度。上記の時間を見逃してしまうと次は来年になってしまいます。

 

また、同日フロイデでは着物の試着体験ができます。

 

【きもの試着体験】
受付 10時〜15時

 

着物の師範が着付けてくれるので、「着物を着てみたい!」「興味はあるけど…」というあなた、この機会に着物を着てみませんか?

 

犬山を日本文化の発信地にしたい、そんな願いから着物、和装の良さを発信し続ける中島師範の着物ショー、楽しみですね!

 

他にも多国籍な出展ブースやイベントが盛り沢山!異文化、多国籍文化に触れられるいい機会なので、皆さん是非フロイデまで足を運んでくださいね!

 

f:id:haro33takoshi:20171208215632j:plain

 

イベント情報詳細

 

 

イベント名第22回フロイデ祭り
場所犬山国際観光センター「フロイデ」
開催日12月10日
開催時間9時30分~16時
駐車場フロイデ専用駐車場あり
HPhttp://iiea.info/