【特集!犬山市議会議員選挙!!】候補者File №16「10期挑戦!岡さとる」

広告

2019年の犬山市議会議員選挙、候補者22人全員にシンプルかつ同じ質問を投げてみました。

今回の市議会議員選挙は論点が明確ではない選挙戦で、各候補にそれぞれの主張があり大変興味深い論戦が犬山市内で繰り広げられています。

また、ポスター、公選ビラ、選挙公報と選挙にまつわる各候補の主張を目にする機会も増えていることでしょう。しかしながら外側から見ていて、もう少しこの部分を聞きたい!という方もいるのではないでしょうか?

今回、すべての候補者に同じ質問「あなたが市議会議員に立候補した理由とその根っこにある信念は?」という質問を投げて、直接会ってお話を聴いてきました。

どの候補者に入れようか迷われている方、もう少しここが聞きたかったという方の参考になれば幸いです。
※各候補者の表題No.と氏名はポスター表記にある掲示板番号と氏名を参考にしています。なお敬称は略称にて失礼いたします。

広告

現職・岡さとるが議員の中で最も紳士な理由

現役最長の10期を目指す岡さとる、正直今回の取材で最も早く行くべきであった、最も早く紹介すべきであった人物だ。

語弊なく正直に述べると、この男ほどの紳士は犬山市議会議員の中でいない。そのくらいの人物である。でなければ安定して9期も続かない。

志した理由も信念も聞かなかった。ただ一言「生きがいが仕事になった」とそれだけだ。

岡さとるが日本共産党の党員であることには間違いない。が年齢を含めてそのカラーを見せない姿勢が岡にはある。

最後に「この立場でいると県や国にものを申せる。これほど面白く、やりがいのある仕事は他にないとは思わんかね」と笑顔で尋ねられた。一体どっちが取材に行ったのだか(笑)。筆者がもし岡市議がアイディアに困ったとしたら率先して知恵を出したい。要するに惚れてしまったのだ。