今井地区をさんぽしませんか~?地元市民による今井ディープさんぽのお誘いbyフューチャーセッション

スポンサーリンク

今井地区、犬山市中心街からクルマで15分ほど走らせた風光明媚な地区。濃尾平野の最北端といってもいいこの地区は今、過疎化が進み高齢化が社会問題になりつつあります。

フューチャーセッションというアンダー50歳の犬山に関わりたい方が集まるグループで、この今井地区を盛り上げて、課題を解決しようという動きがあります。本来なら取材後に記事にしたい試みではありますが、10月6日の日曜日に今井をさんぽして地区の魅力を見てこよう!というさんぽ会が開催されます~という案内です。

スポンサーリンク

筆者が犬山に関わる本当の理由

筆者(当犬山さんぽ編集長)が犬山に拘る理由は実はこの今井地区にあります。ちょっと不順かもしれませんが「入鹿池」が筆者の目的であり、最終的に入鹿池で楽しく釣りがしたいというのがこだわる本当の理由。入鹿池で魚釣って遊びたい、が理由です。

それに至る経緯は今回は少し置いておきます。個人的な理由すぎて興味ない人にはどうでもいいことですから。いずれなにかの機会で筆者自己紹介の際に語れたらと。

犬山には今井、善師野のように限界集落と呼んでも過言ではない地区があります。編集部のある善師野は最近新興住宅地ができたので人口そのものは増えて、子育て世帯過剰気味です。しかし団地以外を見てみると、農家の担い手がおらず、苦労している地区には変わりありません。この辺りは善師野と今井地区が似ている点。善師野の場合は名鉄の駅があるため今井と事情が違いますが、クルマがないとなかなか身動きがとれないのは同じですね。

今井地区は残すべき里山の一つだ

今井には素敵な里山がある。というより、住宅地としての開発が進んでなかったことが今の景観を保つきっかけにもなっています。法律関係の詳しいところはわからないのですが、景観保護は法律上決まっていて、今井地区にこれ以上新築を建築できない事情もあるようです。

さらに今井地区には見渡せるほど田園となっています。こののどかな田園風景が広がっているのも魅力的。家から一歩出たら田んぼばかり…と地元の方は呆れるかも知れませんが、昔あった日本の風情が今井にはある点は残すべきだと筆者は思います。

しかし今井地区はそれでも車通りが激しいことで有名です。わりと狭い対面通行の市道なのですが今井から池野地区に抜けると中央道小牧東ICがあり、近年利用者数が増えるばかり。犬山市内から今井を通り抜けて小牧東ICへ向かう車で朝晩は特に交通量が多くなります。

また、尾張パークウェイが無料化されたことから各務ヶ原から可児へ通り抜ける道としての利用者も近年では増えています。風情ある里山の風景があるのですが、どこかミスマッチ。今井地区の課題もここにはあるのかも知れませんね。

田園に目を向けると、善師野と同じ様に今井も後継者不足に頭を悩ませています。広大な田園を切り盛りするのはおじいちゃんとその家族。最近少しではありますが若い世代も入ってきていますが、それでも農業に従事している方をみると高齢化の波はあります。

素敵な田園だ~と外からは見えるのですが、中の人からすると課題ばかりで悩んでいるようですね。常設でお野菜を売られている農家さんもあるようで、軒先の無人販売でしたが、ピーマンとおナスを頂いて来ました(なんと200円!安い!)。

すべてのお野菜が100円。朝どれ野菜が楽しめるなら、足を運んでしまいますね。

応募方法と詳細は?

今井さんぽはすべて当日受付です。申込みの必要はありません。今回の目的は今井の課題解決を考える前に実際に今井を歩いたり見たりしようという実証実験です。参加にあたり費用はいらないのですが、集合場所で「犬山さんぽを見てきました!」とひと言言ってください。担当課にはもしかしたら読者さんが行くかも~と事前に言っておきます。

詳細は以下の通り。参考になさってください。

と き 10月6日(日)10:00~15:00
集 合 今井ふれあいセンター(旧今井老人福祉センター)
犬山市大字今井字寺ノ前3番地17
持ち物 お弁当、飲み物
※参加申込は不要です
※ツアーは、参加者同士車に乗り合わせて移動します
集合場所詳細地図~

【問い合わせはこちら】

犬山市役所 3F 市民部 地域安全課(田原)
〒484-8501
愛知県犬山市大字犬山字東畑36番地
電話 0568-44-0346

タイトルとURLをコピーしました