HOME>イチオシ情報>管理が必要なことと守らなければいけない規則
住宅模型

守らなければいけないこと

賃貸管理で入居者に守らせなければいけないことは、建物で定められている管理規約と使用規定などを守ることです。また入居者同士で円滑な共同生活が営めるように促すことです。入居者同士でトラブルになるような、危険物の持ち込みが無いように何度も促す必要があります。トラブルの原因の1つが騒音問題です。共同住宅という建物の作りはそれぞれの入居者が上下左右に住んでいます。そのため避けられないある程度の生活音に関しては入居者同士で理解する必要があります。ただ入居者が注意することとして迷惑行為に該当することは、夜間に洗濯機や掃除機を使用することや大音量で音楽を音が響きやすい10:00以降から朝にかけて聞くことです。

解決策の糸口

賃貸管理は賃貸住宅理会社にお願いするのも1つの良い方法です。集客で悩んでいる場合は様々な広告と宣伝の力で、空室リスクを解消へと導いてくれる可能性が高いようです。安心して任せることができるのは、不動産管理会社の中には入居率が96.85パーセントで、その内自社仲介率が76パーセント超えを誇るところがあるからです。またこの会社は賃貸住宅専門の管理会社として40年以上の歴史があります。賃貸管理に悩むオーナーにとって、様々な問題の解決策の糸口になる可能性があります。

3つのシステム

賃貸住宅専門の管理会社にオーナーが賃貸管理を任した場合色々なメリットが考えられます。優れた管理会社は土地の有効活用から建物管理までスペシャリストがフォローします。賃貸物件のトータル管理として内容は賃貸管理と貸主代理、仲介や入居者募集の窓口やリフォームやメンテナンスも引き受けてくれます。他にも多彩な管理メニューとして空室保障の一括借り上げシステムや、転賃方式の貸主代行システムと集金管理システムを行っています。

広告募集中